【自動車学校・教習所(車校)の費用・値段の相場】学生料金や分割払い、合宿などで安く運転免許を取得しよう!

免許を取得するときに、避けては通れない自動車学校(車校)・教習所。今回はその自動車学校や教習所の費用の相場や平均、安くする方法、免許合宿など紹介します!

この記事を読んで免許を取るのと読まずに免許を取るのとでは料金に雲泥の差があるでしょう。ぜひ安く免許を取得して頂きたいです!

自動車学校(車校)・教習所の料金の費用の平均・相場は?

さっそくですが、自動車学校・教習所の料金の平均・相場はどの程度なのでしょうか?

実のところ自動車学校の料金は、同一であるところは一つもないです。これは、自動車学校がそれぞれで自分で料金を決定できるからです。

そうは言うものの値段を高く設定しすぎれば、教習生はいなくなってしまうので、 自動車学校も法外な料金設定はしません。

ざっくりですが、普通自動車免許(MT)がおよそ30万円前後、オートマ限定自動車免許(AT)がおよそ25万円前後ということが多いです。実際には地域によっては価格の幅はありますが、たいていはこのような値段となっています。

自動車学校(車校)・教習所の料金・費用の詳細

続いて、自動車学校で免許の取得までに、どれくらいの料金がかかるのか詳細を紹介します。

  • 入学金・・・・・36,000円
  • 入学申込金・・・8,000円
  • 適性検査料・・・4,000円
  • 技能教習料・・・160,000~185,000円
  • 学科教習料・・・74,000円
  • 教材費・・・・・6,000円
  • 各検定料・・・・5,000円
  • 写真代・・・・・800円

これは料金の一例に過ぎず参考程度にしかなりませんが、自動車学校によって料金が違うので、ご自身で検討している自動車学校の料金を調べてみることをおすすめします。

しかし場合によっては、追加で費用がかかってしまうことがあります。技能・学科教習などは一発合格すれば問題ないのですが、検定に合格できないと追加で教習や検定を受ける必要がでてきます。

  • 技能教習料金・・・・・・・・・4,200円
  • 夜間教習料金・・・・・・・・・・200円
  • 終了検定料・・・・・・・・・・5,000円
  • 卒業検定料・・・・・・・・・・6,000円
  • MT からAT への変更手数料・・・5,000円

これは教習や検定を受けるための追加料金です。これも自動車学校によって料金が違うので 、参考程度にして下さい。

このように自動車学校で免許を取得するためには決して安くはない費用がかかります。

自動車学校(車校)・教習所の料金を安く済ませる方法

では、自動車学校の料金を安くするには、どのような方法があるのでしょうか?

キャンペーン

自動車学校では、各自で教習生が集まるように、料金を安くするキャンペーンを用意しています。

例えば、大学生キャンペーン・季節キャンペーン・期間限定キャンペーンなど挙げればキリがありません。

自動車学校は、入校する時期によって混み合う時期があります。

普通車免許の場合大学生がほとんどで、アルバイトやサークル、部活などで、大体教習所に来る時期が偏ります。特に夏休みや春休みなどの長期休みに入るときなどは、込み合って教習の予約が取りづらくなっています。

ですから、5・6月、11・12月には季節キャンペーンや期間限定キャンペーンで価格を低くしている自動車学校が増えます。

生協・イトーヨーカドーなどの代理店

教習の申し込みは、自動車学校に直接申し込むのとは別で、代理店を通じで間接的に申し込むことも可能です。代理店を通して申し込むと、多くの場合料金が安くなります。

大学生の方は生協で申し込むと料金が安くなるということは、多くの方がご存じではないでしょうか。生協を通じて申し込みをすれば、教習所への直接申し込みより、たいてい3,000~5,000円ほど安くなります。

さらに、イトーヨーカドーやマルイなどの商業施設でも申し込みが可能です。専門学生や高校生だと、生協などの団体があるというわけではないですが、商業施設でも教習所への案内を行っているので、活用してみてはいかがでしょうか。

ネットにおいても、自動車学校のサイトから直接ではなく、代理店のホームページから間接的に申し込める場合があります。

学割・団体割などの割引・特典

また、自動車学校ではキャンペーン以外にも、割引・特典を設けていることがあります。

自動車学校の各自のサイトに記載されているので、自分が検討している自動車学校のホームページを調べてみることをおすすめします。以下に例を挙げておきますので参考にしてみて下さい。

  • JAF割引
  • 誕生月割
  • インターネット割学割
  • 早割
  • グループ割
  • 団体割
  • 紹介割
  • 家族割
  • 地域割

紹介制度

自動車学校の多くでは友人や知り合いの紹介(紹介割)や、友人と同じタイミングで入校すること(ぐる割)で適応される割引も存在します。

この紹介制度は全国教習所のほとんどので実施していますので是非検討してみてはいかがでしょうか。

料金を安くする方法は挙げればキリがないので、ご自身で入ろうと考えている自動車学校を詳しく調べてもみて下さい。

LAND:PILOTなら完全無料で免許取得可能

未経験普通免許からの大型トラックドライバー転職サービス

「LAND:PILOT(ランドパイロット)」

大型取得サポートだけじゃない!あなたに最適な就職先を一緒に探します

  • 東証一部上場企業等 大手求人多数
  • チャーター便・幹線輸送便・地場ルート便など職種ラインナップ多数
  • 希望給与年間休日数勤務体系から条件にあった企業を探せる!

自動車学校・教習所の免許合宿

ところで、自動車学校での免許取得には、自動車学校に通うことで免許を取得する通学免許と、自動車学校の宿泊施設に2~3週間宿泊をすることで免許を取得する合宿免許の2種類が存在します。

以下では合宿免許の料金の平均・相場と良い点・悪い点を紹介します。

免許合宿の料金相場

免許にかかる費用は、普通自動車免許(MT)かオートマ限定自動車免許(AT)かで異なります。合宿免許で普通自動車免許(MT)免許を取ろうとするとおよそ20~30万円、オートマ限定自動車免許(AT)はおよそ18~28万円が相場となっています。

合宿免許の良い点

  • 価格が通学よりも安い
  • 短期間で免許取得が可能
  • 乗車教習の予約が不要
  • 食事の費用も料金に入っている場合もある
  • 普段いかない地域の自動車学校で合宿をすると旅行した気分になれる
  • 合宿で共に頑張った人と仲良くなれる
  • 一人部屋や相部屋などの宿泊する部屋のタイプを自由に選べる


合宿免許の悪い点

  • まとまった休みがないと免許合宿にいけない
  • 途中で自動車学校に通うのをキャンセルできない
  • ほぼ自動車学校と宿泊施設を行ったり来たりの繰り返しになる
  • ある程度のコミュニケーション能力が求められる

免許合宿にはメリット・デメリットがあるので、ご自身に合うか記事を見て考えてみて下さい。

LAND:PILOTは免許合宿も対応

LAND:PILOTは免許合宿でも大型免許取得が可能となっています。

現状で自動車学校・教習所に通うお金が足りない場合は、分割払いなどがおすすめ!

お金が足りる場合は前納払いと分割払い、お金がどうしても足りない場合はローン払いという方法などがあります。以下では料金の支払い方法について解説します。

前納払い

前納払いは、入校時までに一括で料金を窓口に現金を持参するか、指定の銀行口座に振り込みを行うことで支払います。

注意点としては、銀行振り込みの場合、入校日の前日など期日ギリギリで振り込みをしてしまうと、自動車学校の方でその確認ができない可能性があります。

なのでその際には、銀行が出す発行の振り込み明細表を教習所にもっていく必要があります。

分割払い

分割払いは、入校時に入学金(もしくは追加で学科料金)のみを支払い、技能料金は教習を受けるごと、検定料金は検定を受けるごとに支払います。

メリットは、まとめて大きな金額を用意する必要がないことですが、分割払いの方法・回数は自動車学校がそれぞれで決めています。

主に2種類あり、教習を受けるたびに支払い、卒業時に支払いの残っている部分を一括で支払う方法と、支払回数が設定され、指定の期日までに支払う方法があります。

ローン払い

しかし、免許費用をどうしても用意できない場合には、ローン払いという方法もあります。

そのひとつに、自動車学校による教習ローンがあります。 教習ローンは約20%が利用して申し込みをしており、最大5年間60回に渡って分割払いができるので、卒業後以降も支払を行っている場合も少なくありません。

さらに、スキップローンという仕組みを活用すると、入校してからすぐの毎月のローンの支払いをおこなう必要がなく、最大半年後からの支払いに変更ができます。

例えばスキップローンは、高校3年生の方が利用されることが多いです。秋頃に進学先や就職先が決定したら、学校から免許取得を許可されます。

高校在籍中に教習所などに通い、のちにバイトなどの給料が入る翌年からの支払いが始まることによってお金の負担を軽くすることができます。

分割払いとローン払いのメリット・デメリット

分割払いの良い点は、ローンのように、はじめに貸し付け審査が存在しないという点と、未成年での利用の場合には、保証人である親権者の同意が不要である点です。

一方で分割払いのデメリットは、卒業する際に残りのお金を一括で支払わなければならなく、ローンより完済までの時期が早いです。

ローン払いの良い点は、学生でもローンを組める点と、先ほど説明した支払い開始のタイミングを遅らせられるスキップローンができる点です。一方で未成年ならば、保証人である親権者の同意がなくてはなりません。

LAND:PILOTなら完全無料で免許取得可能

未経験普通免許からの大型トラックドライバー転職サービス

「LAND:PILOT(ランドパイロット)」

大型取得サポートだけじゃない!あなたに最適な就職先を一緒に探します

  • 東証一部上場企業等 大手求人多数
  • チャーター便・幹線輸送便・地場ルート便など職種ラインナップ多数
  • 希望給与年間休日数勤務体系から条件にあった企業を探せる!

一発免許

一発試験とは自動車教習所に通わず、運転免許センターや運転試験場で実技と学科試験を受ける方法です。

免許取得までの流れとしては、運転免許センターなどで合格し仮免許を取得したのち、本免許を取得するための学科試験と実技試験を受け、合格すると免許が取得できます。

メリットは、免許を獲得するための費用が圧倒的に安いことにあり、一例ですが、費用はおよそ27,000円となっています。

一方のデメリットは、合格率が非常に低いという点です。

まとめ

自動車学校で免許を取得する費用は決して安くないですが、安く抑えるための方法は様々ありました。

代理店の利用・キャンペーンの活用・紹介・合宿分割払い、、、と挙げればキリがありません。

ぜひご自身に合った方法を見つけてください!

今回紹介したのは普通免許が中心でしたが、大型トラックについて興味がある方は下の記事を是非参考にしてみて下さい!

また、中型トラック小型トラックについても詳しく解説しているので参考になれば幸いです。

未経験普通免許からの大型トラックドライバー転職サービス

「LAND:PILOT(ランドパイロット)」

大型取得サポートだけじゃない!あなたに最適な就職先を一緒に探します

  • 東証一部上場企業等 大手求人多数
  • チャーター便・幹線輸送便・地場ルート便など職種ラインナップ多数
  • 希望給与年間休日数勤務体系から条件にあった企業を探せる!

関連記事

  1. 【女性トラックドライバー(運転手)の増加?】メリット・デメリットを解説!

  2. 【トラックのサイドミラー】名称・種類や合わせ方・見せ方、死角まで解説!

  3. 【トラック運転手(ドライバー)】がカッコいいのはなぜ?彼氏として恋愛できる?

  4. 【クレーンオペレーター】はきついのでやめたい?仕事内容や必要な免許・資格、給料、向いてる人まで一挙解説!

  5. 【地場配送とは?】地場トラックドライバーはきついのか?仕事内容から収入まで紹介!

  6. タクシー

    【タクシー運転手はやめとけ?】隔日勤務とは?タクシー運転手の仕事内容やきついと言われる理由を解説!

簡単登録!
非公開求人を見る
↓登録はこちらから↓