【ミス連発】仕事でミスばかりする人の特徴|原因と対策・対処法を紹介!

この記事を読んているということは、あなたはミスをしやすい人なのではないでしょうか?

ミスは誰でもしてしまうものです。よく聞く言い回しですが、人間は完璧ではないのでミスをしてしまうことは仕方ないです。

そんなに自分を責めないであげて下さい。

ですがミスが連続してしまう場合には注意が必要です。たまたまミスが連発してしまった場合はさておき、同じミスを繰り返してしまったり、多様な種類のミスをくりひろげたりしているのは問題です。

今回はそんなミスばかりしてしまう人の特徴・原因・対策について一挙に解説していきます!

ミスばかりする人の特徴13選

さっそくですが、ミスを連発してしまう人の特徴について紹介していきます!

①今度頑張ればいいで終わらせる

まず最初の特徴ですが、今度頑張ればいいと思うだけで終わってしまう人です。

このような人は、反省と言えるような反省をしていないのにもかかわらず、自分では「反省」をしているつもりになっている人です。

気を付けさえすれば大丈夫と考えてしまっていると、次にそのミスを起こす場面では前の失敗を忘れてしまっていて、また改めてミスを繰り返すことが多いです。

②小さなミスだと考えている

ミスばかりしている人は、自分がしたミスを大きくとらえていないことが多いです。「小さなミスだから大丈夫」と思い込んで自己正当化をしているのです。

たしかに本当に小さなミスならば問題ないかもしれませんが、そのミスが次のミスにつながり、またその次のミスへと…となっていき最終的には取り返しのつかないミスになってしまうこともありえます。

小さなミスも真摯に受け止めるようにしましょう。

③他人のせいにする傾向がある

ミスをしたときに、その責任を自分ではなく他人に押し付ける人の多くはミスを多発させます。

たしかに他人のせいにすれば自分は悪くないと思えて、精神的に楽になります。しかし、自分のせいと考えられなければ自分を客観的に見ることができずに、自分の成長につながりません。

このような行動は、長期的に考えると全くよくないのでやめましょう。

④頼らず自力でやろうとする

他人に全く頼らない、もしくは頼れない人はミスを起こしやすいです。

「自分ならできる」や「他人に頼ったら自分の能力が低いと思われる」などと思って他の人に頼りにくいのはわかります。

しかし頼らなかった結果最終的にミスにつながってしまえば、それはあなたの責任となってしまいます。

仕事のできる人は他人に頼るのが上手い」ということを覚えておきましょう。

⑥自信がなさすぎる

自分に自信がない人もミスをしやすいです。

自信がなさすぎると、「ミスをしたらどうしよう」「絶対に失敗したらダメだ」などと不安にかられて集中できなくなります。

集中ができないと仕事でミスばかりしてしまう結果となりやすいです。

⑦整理整頓が下手

ミスにとりつかれている人は、整理整頓が苦手である傾向があります。

デスクワークの人に関してなのですが、パソコンの中身を整理するようにしましょう。

パソコンの中身が整理されていないと、欲しい情報があるときにその情報を探すのに時間がかかりますし、さらにその間にミスをしやすくなってしまいます。

⑧責任感が足りない

「ミスをしても大丈夫だ」と責任感のない考えをしていると、当たり前ですがミスをしやすいです。

ミスをしても大丈夫となるということは決してありません。

⑨自己管理能力が低い

自己管理能力が低いとミスばかりしやすいです。

自己管理するべきもののひとつに、体調があります。夜更かしをしてしまって寝不足や疲れになってしまったりすると、注意力が欠けたりしてミスにつながりやすいです。

翌日仕事があるのにもかかわらず、飲み会やゲームなどをして翌日に支障をきたすことは、自己管理能力がないということなので十分に気をつけましょう。

⑩メモ書きが下手

メモが下手だったり苦手だと、ミスになりやすいです。

汚くメモを取ってしまうと、見返したときに明確にわからなかったりします。そのときに改めて確認ができればよいのですが、他人を頼らずにそのままやってしまうと、失敗します。

⑪目の前しか見えていない

仕事に集中しすぎると、周りが見えなくなります。たしかに集中力は大切ですが、周りの状況が全く分からなくなるほどの集中はいきすぎです。

そのような状態だと、そのときに言われた伝達事項を聞きもらしてしまい結果としてミスにつながってしまいます。

⑫やるべきことの順番が不明確

やるべきことの順番がわかっていないと、締め切りが直前のものを後回しにしてしまい、ギリギリでそれに気づいて焦ることになってしまいます。

最悪の場合だと、締め切りに間に合わないというミスにつながってしまいます。

⑬反省だけで改善がない

ミスをしたことを反省するのは非常に大切です。反省すらしない人もいるので反省できることは素晴らしいです。

しかし、それだけでは不十分です。反省とセットでおこなうべきは、どう改善するかを明確にすることです。

「どうすればミスがなくなるか」「どうしてミスを繰り返してしまうのか」などを突き詰めていきましょう。

ミスしたときにするべき行動3選

ミスは避けられません。仕方ないです。ですが、直後に取るべき行動はあります。今回は3つ見ていきましょう!

①ミスは隠さずすぐ報告

ミスをしてしまったときには、隠さないですぐに報告するようにしましょう。

隠してしまうと他の人がミスの存在に気づくことができないので、ミスの存在がおおやけにならないまま仕事が進んで、重大なところでミスが発覚して悲惨な結果になることになります。

早めに報告ができれば、その時点で対処ができるので「ミスしたけどどうしよう・・・隠さなきゃ」と考えることはやめましょう。

②正当化しない

ミスが起こって報告するときに、なんとかとりつくろって正当化をしないようにしましょう。

逆の立場になってみるとわかるのですが、ミスの報告をするときに言い訳などをごねられるとイライラします。

かつ言い訳をして正当化しようしてしまうと、自分に責任がないように思い込んでしまいミスの改善につながりません。

③次にどうするか具体的に報告

ミスをしてから反省だけではなく、具体的に次にどうするかを明確に・具体的にして上司に報告をするようにしましょう。

この行動ができないと、ミスの再発につながってしまうので「ミスばかりしてしまう人」から何も変わらないことになってしまいます。

ミスしたときのメンタルコントロール方法8選

ミスしたときの反省はいいことなのですが、そのときにメンタルがつらくなってしまったりすると次に仕事をするときにも影響が出てしまいます。

そうならないためにも、メンタルコントロールの方法を学んでいきましょう!

①ミスしない人間はいない

一番最初にも言いましたが、ミスをしない人間はいません。なのでミスしたこと自体はあまり気にし過ぎないようにしましょう。

気にしすぎてしまうと緊張してしまって仕事にも悪影響が出てしまうので、ほどよい緊張感を保つようにしましょう。

②自分自身が否定されたわけではない

ミスをしたときには基本的に注意をされますが、その注意・指摘はミスに対してです。決してあなた自身に対してのものではありません。

具体的に言うとミスしたときの態度や姿勢は、あなた自身の中で「成長できる部分」です。上司や仲間からすれば改善してほしい部分なので、そこに対しての注意はします。

ですが、根っこの部分にある個性や性格に対して注意しているわけではありません。もしこのような注意の仕方をしているのであればそれは間違いですので、気にしないようにしましょう。

③小さなミスで済んだと思う

会社は一人で動かしているわけではありません。組織単位で動いているので、1人の行動が全体に影響します。

それゆえ、ミスしたときに放置したり隠したりしてしまうと、知らず知らずのうちに小さなミスが会社全体に思わぬわざわいをもたらしてしまうかもしれません。

つまり逆に言えば、小さなミスであってもそれに対してすぐに対処して解決できれば、大きなミスにつながらずに済んだということになるので、安心しましょう。

④会社関係者でない人や親友に相談

ミスをしてしまってどうしようもなく落ち込んでしまったときには、親友や会社の人でない人などに相談してみましょう。

人に相談することで、自分だけではわからなかったことに気が付けたり、頭の中が整理されたりと解決の糸口が見つかることが多いです。

さらにアドバイスをもらうことで、新しいアイデアや考え方がもらえたりもするのでとてもおすすめです。

⑤休日は仕事を忘れる

仕事から解放される休日は、業務やミスのことについて考えるのはやめましょう。

たしかにミスについて改善策を考えることは大切ですが、それは休日にまで持ち越さないようにしましょう。

休日まで仕事のことについて考えてしまうと、休む時間がなくなってしまい実質的に常に休日がない状態になってしまいます。

これは長期的に考えると、十分な休みが取れずにミスにつながりやすいので良くないことです。

休日くらいはしっかりと休むようにしましょう。

⑥身体を動かす

身体を動かすことは、普段のストレスや悩みを解消することにつながります。

ランニングや筋トレだけではなく、ストレッチ、ウォーキングなどもおすすめです。

気持ちのよい汗を流してすっきりしましょう。

⑦失敗は成功のもと

成長は、ミスや失敗を克服することで可能となります。

いろいろなミスをすることで、その経験値がたまっていきます。経験を通してその問題への対処方法が身に付いていき最終的にミスをしないようになります。

それゆえ、ミスをしたからといってネガティブになり過ぎず、前向きに考えていきましょう。

⑧時間が解決してくれるのを待つ

「なにをしても悩みが解決しない…」「どうしてもミスを気にしてしまう…!」といった方は、時間が解決してくれるのを待ちましょう。

時間が過ぎると、だんだんものごとを忘れていきます。ミスによって生まれた嫌な感情も少しづつです薄れていきます。

根本的な解決策にはならないのですが、最終手段のメンタルコントロール方法としておすすめです。

ミスが全く減らないとどうなる?

これまでにミスする人の特徴や、メンタルを安定させる・回復させる方法を紹介してきました。

ここでは、もしミスが全く減らないとどうなるのか?ということについて見ていきたいとおもいます!

①自尊心が薄くなる

ミスが全く減らないと起こることのひとつとして、自尊心がだんだんなくなることがあります。

ミスをして、またミスをして…となっていると「自分は何をやってもダメだ…」と自己嫌悪におちいってしまいます。

一度自己嫌悪のループにはまってしまうと、そこから抜け出すことは難しいです。

そうすると自分の精神に負担がかなりかかってしまうこととなり、心のみならず身体にまで影響が出てしまうこともあります。

②仕事が頭から離れなくなる

先ほども少し紹介しましたが、ミスばかりしてしまっていると休日であっても楽しめなくなります。

ミスをした後には反省・改善をすればいいのですが、ミスが多すぎると反省・改善の数が増えてしまいます。

そうすると、勤務日のうちにその作業が終わり切らないので休日の持ち越すこととなってしまいます。

③昇進が離れていく

ミスばかりしていると、周りからの評価が下がっていき、昇進などに響いていきます。

上司や人事などは、ミスばかりしている人により多くのお金や高い地位を与えたくありません。

逆の立場になってみればわかりやすいですが、ミスをしない人に仕事を与えたり、昇進してほしいものです。

ミスを減らそう!|原因と対策11選

ミスが止まらないと先ほど紹介したようなデメリットが起こります。

ではミスをしないためには、具体的にどのような対策をおこなっていけばよいのでしょうか?詳しく見いきましょう!

①何度も確認する・チェックリスト

忘れてしまう系のミスをしてしまう人は、確認を怠ってしまう場合が多いです。

具体的には、「自分は絶対に大丈夫だ!」と思い込んで確認をしなかったり、「他の人がやってくれるだろう」として確認をせずに仕事をおこなってしまうことがあります。

確認を忘れないようにするためには、チェックリストをつくることをおすすめします。

業務を始める前に、まずやるべきことを整理して書き出します。そして、その作業が終わるたびに「☑」を付けていくのです。

これにより、作業の抜けもれ・やり忘れを防ぐことができます。

②ミスをどう捉えるか

ミスをしてしまう人は、ミスを大したことのないことや些細なこととして捉えてしまいがちです。

そうすると、反省も適当になり改善策も浅いものになってしまいます。それでは、ミスの改善は見込めません。

小さなミスだけでは、たしかに重大に捉えることは難しいです。ですが、その小さなミスは最終的に大きなミスにつながっていると考えればどうでしょうか?

このようにどんなミスでも大きく捉えることができれば、それに比例して反省や改善策の質も上がっていくので、ミスに対しての態度や姿勢が良い方向に変わっていきます。

③自分は絶対ミスをすると意識する

ミスをする人は、「自分はミスをしないだろう」もしくはそもそも何も考えていない状態で作業をしていることが多いです。

これではミスを気を付けるという意識がないのでミスをしやすいです。

この対策としては、「自分は自然の状態では必ずミスをする」とやりすぎなくらいの意識を持って仕事に励みましょう。

④ミスの傾向をつかむ

ミスの対策方法としては、自分のミスのパターンを詳細に把握することもあります。

自分のミスをたくさん書き溜めていくと、ある一定のパターンがあることが多いです。そのパターンに気が付ければ、多くの個別的なミスに対して一つの解決策で対応できることになり効率的です。

⑤「慣れ」を敵とみなす

仕事に限らずどんなことでも続けていけばいつかは必ず慣れてしまうものです。仕事に慣れれば、もちろん作業のスピードがあがり効率的にできて仕事が楽しくなります。

しかし、その一見良いことしかなさそうな「慣れ」ですが、実は悪い面もあります。慣れてしまうと、「この作業は間違えない・ミスをしない…!」と過信してしまうことがあります。

この過信がミスにつながるのです。先ほども紹介しましたが、過信をすると確認をあまりしなくなってしまうので、十分に注意することが必要です。

⑥規則正しい生活を送る

会社は一般的に9時出勤17時退社と決まっています。なので、生活リズムがある程度定まっていないと会社で集中できないです。

深夜まで起きていたりすると、十分な睡眠時間が取れずに会社に行かなくてはいけません。つまり頭があまり働いていない状態で仕事をするので、ミスが起きやすいのです。

逆に会社に合わせた規則正しい生活が送れていると、万全の体調で仕事にとりかかりやすくなります。

⑦適宜やすみながら働く

十分に睡眠や休息が取れていたとしても、翌日中ずっと集中できるわけではありません。

というのも人間の集中力はそれほど長く続かないからです。

なので逆に「ずっと集中できる!」と思い込んで仕事と向き合っていても、生産性は実はだんだん下がっていってしまうのです。

このようなことを踏まえると、休憩は必要に応じて取るべきです。「疲れたかも」と思ったら一息つくなど工夫をして休憩を取るようにしましょう。

⑧マルチタスクは避ける

一度に多くのことの処理を試みる、いわゆる「マルチタスク」は可能な限り避けましょう。

たしかに一度で多くのことに対応できれば、作業効率は爆発的に上がります。しかし、実際はそう上手くいくことはあまりないです。

マルチタスクは自分の集中を色々なところに向けるので、意識が分散しやすいです。なので、一見効率がよさそうに見えても、結果的には作業は遅くなってしまうことが多いです。「急がば回れ」ですね。

どうしてもマルチタスクをしなければならないときもあるかもしれないので、簡単にコツを紹介しておきます。

それは、関連する作業をまとめてこなすための計画を立てることと、目の前の作業一つ一つに対して集中することです。

「ホウ・レン・ソウ」を心がける

「ホウ」は報告、「レン」は連絡、「ソウ」は相談のことを指します。

途中経過・結果を「報告」、仕事に求められることを「連絡」、問題や迷いを「相談」するようにしましょう。

これができれば、周りの人が自分の仕事の進み具合を確認できるので、ミスしないように指摘してくれます。さらにはミスをしたとしても、すぐカバーができるので自分のみならず全体にも悪影響が及びません。

しっかりと断る勇気を持つ

ミスをしてしまう人は、仕事を受ける時点ですでにミスすることが決まっていたのかもしれません。

というのも仕事には難易度があり、自分のレベルと合ったものでないと対処がそもそもできないからです。

仕事に対して力不足だと、ミスをすることは火を見るより明らかです。

このようなどうしようもないミスを防ぐには、最初から仕事を受けないようにしましょう。

仕事を断ってしまうと、「せっかく自分を頼ってくれたのに断れない」や「断ったら自分は仕事ができないやつだと思われる」というように考えるのはとてもよくわかります。

ですができない仕事を受けてそれでミスをしたら、結局上司などに迷惑をかけてしまうことになります。

できなさそうな仕事は、しっかり断ることで最終的に会社全体に良い結果をもたらすはずです。

まとめ

今回は、ミスをしやすい人の特徴や解決策、メンタルコントロール方法などについて解説してきました!

繰り返しになりますが、ミスは誰にでも起こりうることです。しかし、そのあとにどう行動するかによって他の人と差がついてきます。

しっかりと具体的な改善策を考えて実行できるようにしましょう。

未経験普通免許からの大型トラックドライバー転職サービス

「LAND:PILOT(ランドパイロット)」

大型取得サポートだけじゃない!あなたに最適な就職先を一緒に探します

  • 東証一部上場企業等 大手求人多数
  • チャーター便・幹線輸送便・地場ルート便など職種ラインナップ多数
  • 希望給与年間休日数勤務体系から条件にあった企業を探せる!

関連記事

  1. 【ユニック車とはどういう意味?】クレーン・トラックとの違いや種類から免許・資格や獲得費用、仕事内容、年収まで解説!

  2. 【女性トラックドライバー(運転手)の増加?】メリット・デメリットを解説!

  3. 【バキュームカー(汲み取り屋)は臭いのできつい?】内部の仕組みや年収、免許など解説!

  4. 【ゴミ収集車の年収・給料は?稼げる?】ごみ収集員になるには?正社員はきつい?など徹底解説!

  5. 【トラック運転手に多い病気・職業病】とその対策についても解説!腰痛・歯周病になりやすい?

  6. 【トラックドライバーの服装は自由?】面接などシーン別に紹介!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


簡単登録!
非公開求人を見る
↓登録はこちらから↓