【トラックドライバーの服装は自由?】面接などシーン別に紹介!

トラックドライバーの服装は、指定と自由の主に2つの場合がありますが、そもそも服装は指定なのか、自由の場合はどんな服装が良いのかなど困りますよね。

また運転中と作業中、面接中でもそれぞれ違います。今回はそんなトラック運転手の適切な服装を詳しく解説します!

服装の指定・制服がある会社と自由な会社

トラックドライバーの服装は、会社によって色とりどりです。ですが何となくの傾向はあり、大手企業では制服が指定であることが多く中小企業では服装が自由であることが多いです。

ただ、たとえ服装が自由であっても、ある程度のルールなどは存在するので、マナーを身に着けることで立派なトラックドライバーを目指しましょう。

制服がある会社のルール

制服が支給されたり、着方のルールが決まっている場合はそれを守る必要があります。

着方や服装について特に悩む必要はなく、そのまま着ましょう。ベルトを下げたりしてわざと着崩したり、むやみやたらにボタンを開けたりしないように気を付けましょう。

また、制服にはその社員がどこの会社所属なのかがわかるマークなどが付いていることが多いです。つまり、制服はその会社を代表するものです。

それゆえ、本人のみならず会社全体が悪印象を持たれるような着方は控えましょう。会社の看板を背負っていることを自覚し、責任感を持って行動しましょう。


服装自由な会社のルール

会社指定の制服がなく自由といえども、プライベートのような服装は控え、仕事ということを忘れないようにしましょう。

まず、自分の身体にフィットするサイズを選ぶことが大切です。
  
動いたときに差支えのないことや、邪魔にならないよう裾の長さが丁度よいことなどを基準にしましょう。荷物の積み下ろしの時でも腰の締め付けがきつくないくらいに余裕があると良いです。
  
長時間の運転でも、疲れにくくするために最適な作業着を選択しましょう

さらに、トラックドライバーは積荷・積下ろしなど現場作業もおこなうので、汚れが目立ちにくい色を選ぶことをオススメします。

ですが、会社により雰囲気は異なりますので、困ったときは先輩の服装を参考にして、似たような服装にするのがおすすめです。

どこで買う?購入時の注意点も

トラック運転手の服装は主に作業着です。その作業着の購入場所としては、ワークマンなどといった作業服販売店やホームセンターなどがあります。

最近はネットショッピングも発達してきており、オンラインストアでの購入も可能なのですが、まずは自分の身体にフィットするサイズを確認するためにお店に直接試着しに行くのが無難です。

また、先ほども触れましたが、服装を選ぶ際の注意点は大きく3点あります。

まず作業がしやすくするための動きやすさ。

次に、汗を乾かすための通気性に長けているもの

さらには、顧客や取引先と会う時のため、汚れが目立たない黒、グレー、紺などの色。

この3点が選ぶ時に気を付けるポイントです。

女性トラックドライバー・トラガールの服装

女性トラックドライバーの服装は、基本的には男性と同じですが、制服が男女で同じものを支給されることが多いので、サイズが大きすぎる場合があります。

そんな時は、作業を効率良く行うため会社へ相談するなどしましょう。
  
女性の作業着はカラフルでかわいいものが多く、おしゃれな服装で仕事ができれば、やる気も上がりますが、動きやすく仕事に支障がなく、ビジネスにふさわしい色の作業着を選ぶようにしましょう。

トラガールについて詳しくはこちらで解説しています!

作業時の服装

行う作業によっても服装を変える機会があります。ひとつずつ見ていきましょう。

積み下ろしの時

荷物の積み下ろしの時は、作業着を着ることが一般的です。会社から支給される服は作業着が主なのは、積み下ろしで体を動かしやすいからです。

服装が自由で自分で服装を決めるときにも、積み下ろしなどの作業をすることを意識しながら選択しましょう。

運転する時

運転中は、当たり前ですが運転しやすさを最優先にしましょう。きついところがなくゆとりがあると丁度良いでしょう。

ですが、ハンドル操作などの際に袖にゆとりがありすぎて運転の妨げにならないくらいの長さを気を付けましょう。


夏場の季節によっても変わる

夏場は熱中症を防ぐためクールビズなどの一環として、半袖やハーフパンツの着用を勧める会社が多いです。

ですが、仕事の場所が工場などや、荷物の積み降ろしなどけがの危険がある場所では、トラックドライバーの安全を守るため長袖長ズボンが義務付けられることもあります。

一方の冬には、作業服に加えて防寒着を着ることが多いです。ですが、車内が暖かかったり積み降ろしなどの作業で身体を動かすことから、冬でも半袖一枚で過ごすことも不可能ではありません。

面接の際に望まれる服装

就職・転職をする際には避けては通れない面接。どのような服装が望まれるのでしょうか?

スーツの指定の場合

面接先からスーツの指定があったら、スーツを着て面接に向かいましょう。

注意するべきポイントは、顔周辺と足元です。以下を守れば好印象です。

靴は革靴を履き、髪やひげは整え、茶髪など明るい髪は黒に、腕時計・結婚指輪以外のアクセサリーはつけない。

結局は作業着で働くから面接も作業着で問題ないと考える人も中にはいますが、だらしない印象となってしまうので面接としてはよくありません。

私服など服装自由の場合

面接先から、服装は自由だと言われても、スーツを着用するのが無難です。

面接先はトラック運転手であるあなたの服装を見て、最低限の常識が身に付いている人かどうかを見極めることもあります。

Tシャツやハーフパンツ、ジーンズ、作業着といったラフな格好は避け、たとえスーツがないとしても、スラックスやジャケットを着るなど常識ある服装心がけましょう。

面接の案内の際に服装の指定なく、どうしても服装がわからないときは、面接先への問い合わせも選択肢の一つでしょう。

分からないこと聞くのは社会人として必須のことであり、質問をして悪印象となることはほぼないでしょう。服装でもやもやすることをなくして、面接に全面的に集中しましょう。

服装以外の外見の注意点

これまで服装について解説してきましたが、服装以外も見ていきましょう。

髪型・髪色

会社によっては、茶髪や長髪など自由なところもあります。ですが、長髪だと作業に支障があるので、ヘルメットを着用しても問題なく、取引先に悪印象を持たれないように束ねるなどしましょう。

ピアスなどアクセサリー

会社によっては、ピアスやネックレス、リングも許容されますが、荷物を傷つけかねない尖ったものやジャラジャラと付けて作業の邪魔になるアクセサリーは控えましょう。

不安に感じたら会社に電話などで相談するのもひとつ
未経験からの就職・転職を考えているならLAND:PILOT

未経験普通免許からの大型トラックドライバー転職サービス

「LAND:PILOT(ランドパイロット)」

大型取得サポートだけじゃない!あなたに最適な就職先を一緒に探します

  • 東証一部上場企業等 大手求人多数
  • チャーター便・幹線輸送便・地場ルート便など職種ラインナップ多数
  • 希望給与年間休日数勤務体系から条件にあった企業を探せる!

関連記事

  1. 【ユニック車とはどういう意味?】クレーン・トラックとの違いや種類から免許・資格や獲得費用、仕事内容、年収まで解説!

  2. 【4tトラックの中型免許はどう取得する?】サイズ・寸法や費用、難易度も解説!

  3. 【自動車学校・教習所(車校)の費用・値段の相場】学生料金や分割払い、合宿などで安く運転免許を取得しよう!

  4. 【クレーンオペレーター】はきついのでやめたい?仕事内容や必要な免許・資格、給料、向いてる人まで一挙解説!

  5. 【トラック運転手(ドライバー)へ転職して良かった?】すぐ辞めてよかった?未経験からでも失敗して後悔しないコツを紹介!

  6. トラック運転手(ドライバー)の休憩場所はどこ?車内を快適にする車中泊などの便利グッズを紹介!

簡単登録!
非公開求人を見る
↓登録はこちらから↓