【トラック運転手(ドライバー)へ転職して良かった?】すぐ辞めてよかった?未経験からでも失敗して後悔しないコツを紹介!

今の環境を捨て、新しいところでチャレンジする転職にはメリットがある反面、リスクを伴います。

後悔してしまうケースも確かにあるのです。

今回は、トラック運転手に転職して後悔したことの紹介と、後悔しないために行うべきことをまとめたので是非ご覧ください!

トラックドライバーへの転職で後悔した点

荷待ちなどで拘束され、労働時間が長い

トラックドライバーは、特徴の一つとして他の仕事より比較的勤務時間が長いことが挙げられます。

積荷を行う際に、段取り良く荷物を積み込んで出発と行きたいところですが、荷物の準備が終わるまで待機していなければならないこともあります。

その場合には結果として拘束時間が延びてしまうこととなります。さらに、渋滞による影響によっても、拘束時間は伸びてしまいます。

このような原因で拘束時間が延びて長くなってしまうことで、思っていた労働環境とは異なり後悔する場合があります。

ですが、全てのトラックドライバーがそのような環境で働いている訳ではありません。

コンビニなどのルート配送の場合には、あらかじめスケジュールが組んであるので、労働時間が予期せず伸びてしまうということは起きにくいです。

肉体的にきつい・つらい

トラックドライバーへの転職で後悔した点の一つに、肉体的につらいというものがあります。

トラックドライバーの荷物の運び方には大きく2種類あり、フォークリフトという機会によるパレット積みと手積みがあります。

少しの量の荷物ならばどちらでも大きな差はありませんが、荷物が大量にある場合で、かつ手摘みをしなければならないときもあり、それがつらくて後悔するケースがあります。

また、トラックドライバーの業務は運転が大半で、長い時間同じ体勢をキープしていることがあるのですが、悪い結果として、腰痛やヘルニアを引き起こしてしまうこともあります。

トラックドライバーの職業病とその対策についてはこちらで詳しく解説しているので是非参考にしてみて下さい!

給料が想像より低かった

トラックドライバーの給料は、大型トラックの場合で30~50万円と高収入で、給料アップを目的として転職する人も多いです。その反面、思ったように稼げなくて後悔している場合もあります。

この原因として一つ考えられるのは、残業手当です。残業手当はトラックドライバーの収入の中で占める割合が高く、トラック運転手は残業が多い場合に儲けられる業種となっています。

仕事がたくさん入ってくるときは稼げるのですが、仕事が減り残業ができないと収入が安定しないケースも存在します。

やりがいを感じられなかった

人材不足にもかかわらず、物流が増加している現代日本社会には、トラック運転手は必要不可欠です。日本社会に貢献していると言っても全く過言ではありません。 非常に誇らしい仕事です。

ですが、後悔する要因の一つとして、基本的な仕事は、荷物を積んで配送という慣れてしまえば単純作業の繰り返しとなってしまい、やりがいが感じられなくなる場合もあるそうです。

ルーティンワークが好きならば、トラックドライバーの仕事はとても向いていますが、自分で0からものを考えるといった創造的な仕事が好きな人は、あまり向いていないかもしれません。

優良企業とはかけ離れていた

トラックドライバーは目下の人材不足改善の一歩として、働き方が見直されていますが、それでもなおいわゆるブラック企業というものは存在しています。

具体的には、残業代が払われなかったり、拘束時間が非常に長いことなどが挙げられます。拘束時間には厚生労働省による基準があり、トラックドライバーを雇用する企業はこれを順守しなければなりません。

また、企業見学を通じて、転職前に会社がどのような雰囲気なのかを知ることはできますが、忙しくて行かずに転職先を決めてしまうケースも稀ではありません。

もちろん優良企業も確かにありますが、ブラック企業も存在しています。それゆえ、口コミなどのネットの情報だけで判断をすることはおすすめはできません

転職での失敗・後悔を回避するには

これまで公開した点について紹介してきましたが、そうならないためには、どのようなことをすればよいのでしょうか?ひとつずつ見ていきましょう!

転職前にトラックドライバー自体について徹底的に調べる

転職を考えるときには、転職先の業界について十二分に、徹底的に調べることが非常に大切です。

この作業によって、自分が思い描いていた転職先のイメージと、実際の転職先の実情との差を知ることができます。

そうすることで、転職後にこんなはずではなかったとイメージとのギャップにより後悔することが無くなります。

トラックドライバーのみならず、転職をするときには下調べの徹底を心がけましょう。

自分がトラックドライバーに向いているのかをチェックする

人間の種類は様々で多様です。その分向いていること・向いていないことがあります。公務員に向いている人、飼育員に向いている人、ドライバーに向いている人。本当に十人十色です。

転職を考える際に重要なことは、自分は転職を考えている仕事に向いているかを確認することです。

もしどうしてもドライバーになりたくても、ドライバーの適性が全く無ければ、転職したとしてもどこかで後悔してしまうかもしれません。

先ほども説明しましたが、ドライバーに向いているかも調べてみましょう。そして後悔しないようにドライバーに適性があるのか確認してみましょう。

ドライバーへの転職を考えた理由を改めて確認する

トラックドライバーへ転職する志望動機を改めて考えることはとても大切です。

色々な情報を調べていくうちに、本当に自分はこの業界でやっていけるだろうかと不安に思うこともあるでしょう。

そんなときには、再度自分がどうしてこの業界に転職したいのかを確認することで、自分の軸をブラさずに判断ができます。

確固たる志望動機があれば、多少の不安は気にならない事でしょう。さらには、転職後も末永くその業界でやっていくモチベーションにもつながります。

トラック運転手に向いている人の性格・特徴

このページでは少しですが、トラックドライバーに向いている人の性格・特徴を紹介します。

これらはほんの一部なので、こちらのページでさらに詳しく調べてみて下さい!

運転が好き・興味がある

基本的にトラックドライバーは、 車両の大きさ、距離の長さに関係なく、仕事の大半をトラックの中で運転して過ごすため、運転が好きでないとツライかもしれません。

ドライブや、トラックそのものが嫌い、または興味が全くなければ、仕事を続けていくことは難しいかもしれません。

体力がある

トラックドライバーの仕事は、主に長距離の運転で、また多くはないですが積み下ろしなどもある(場合によっては手で行う)ため体力があるとよいでしょう。

疲れている中、事故なく業務を行うので、普段から身体を動かしていて、体力に自信があればトラックドライバーに向いているでしょう。

単純作業が好き

トラックドライバーの主な仕事は、荷積み下ろしと運転といった単純な作業の繰り返しがほとんどで、作業についての複雑なことを覚えなくても仕事をすることが可能です。

複雑な業務よりこのような単純業務の方が自分に合っている、 苦痛に感じず淡々と取り組めるような人はトラックドライバーに向いているでしょう。

未経験からの転職で成功するためにはLAND:PILOTを活用する

未経験普通免許からの大型トラックドライバー転職サービス

「LAND:PILOT(ランドパイロット)」

大型取得サポートだけじゃない!あなたに最適な就職先を一緒に探します

  • 東証一部上場企業等 大手求人多数
  • チャーター便・幹線輸送便・地場ルート便など職種ラインナップ多数
  • 希望給与年間休日数勤務体系から条件にあった企業を探せる!

関連記事

  1. 【キャリアカーの運転にはどんな免許・資格が必要?】小型のローダーやトレーラーなどの種類から取り方まで一挙解説!

  2. 【ゴミ収集車の年収・給料は?稼げる?】ごみ収集員になるには?正社員はきつい?など徹底解説!

  3. コンビニルート配送はバックレるほどきついのか?年収やメリットなどに合わせて体験談を元に解説!【セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン】

  4. 【費用が高い大型免許は補助金・助成金で安く取得しよう!】普通免許からの料金や合格率など疑問を解決!

  5. 【女性トラックドライバー(運転手)の増加?】メリット・デメリットを解説!

  6. 【トラック運転手(ドライバー)】がカッコいいのはなぜ?彼氏として恋愛できる?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


簡単登録!
非公開求人を見る
↓登録はこちらから↓