うつ病で転職は不利?転職のポイントとおすすめの職種を紹介

ハートのイラスト

「うつ病でも働くことはできるのだろうか…」「うつ病中に転職活動をしてうまくいくのか…」「うつ病経験者は転職の際不利になるのではないか…」

うつ病治療中、もしくはうつ病経験者は就職・転職に不安をかかえているかもしれません。この記事ではうつ病の方・過去にうつ病を経験した方向けに転職との向き合い方をアドバイスします。ひとつの考え方として、ぜひ参考にしてみてください。

うつ病の症状と原因

うつ病の症状

うつ病はこころとカラダの病気です。精神的ストレス、身体的ストレスが積み重なることによって、能の機能に障害が起こっている状態を指します。

  • 一日中気分が落ち込んでいる
  • 悪いほうにばかり考えてしまう
  • 何をしても楽しめない
  • 食欲がない
  • 性欲がない
  • 眠れない
  • 疲れやすい
  • めまいや動悸がする

このような精神症状や身体症状が表れている場合は、うつ病かもしれません。

うつ病の原因

うつ病の発生原因は正確にはよくわかっていません。辛い体験や悲しい出来事のあとに発症することもありますし、進学や引っ越し、結婚、出産など人生の分岐点となる出来事のあとにうつ病になってしまうこともあります。うつ病の治療のためには心身の休養を取り、病気を受け止めて付き合っていく必要があります

うつ病は転職に不利?

転職活動

うつ病は、以下のような理由から転職に不利だと考えられるかもしれません。

  • 薬の副作用で思うように活動できない
  • 定期的に通院しなければならないため、働く時間とのバランスが難しい
  • 精神疾患のある人は雇わない会社もある

たしかに、このような理由を見ると「うつ病は転職に向いていない」と弱気になってしまうかもしれません。しかしながら、「うつ病は転職に不利」なんてことは必ずしもないのです。なぜなら、うつ病中の転職は自分の適性に合った働きやすい職場を見つけられるチャンスになるからです。

「自分がどんな職場で働きたいのか」「自分にできることはなんなのか」を考え、自分本位の転職活動を行うことができます。その過程で不採用になってしまうこともあるかもしれませんが、それは自分という人が否定されたわけではありません。たまたまその仕事が自分と合っていなかっただけです。うつ病の度合いや自分の精神状態を気にかけながら、納得のいく転職をしましょう。

うつ病の方が新しい仕事を探すときのポイント

①転職活動を始める前に体調を安定させる

うつ病は、再発率の高い疾患と言われています。厚生労働省の調査によると、うつ病の再発率は実に60%であり、一度や二度だけでなく、何度も再発を繰り返してしまうこともあるのです。再発を防ぐために、主治医の意見に耳を傾けながら一度治療に専念し、カラダと心の調子を整えてから転職活動を始めましょう。

②焦って決断しない

うつ病のときは、焦って決断しないことが大切です。なぜなら、うつ病の際は「心理的視野狭窄」という思考力や判断力が鈍った状態に陥っている可能性が高いからです。何かひとつのことに囚われてしまい、他のことを考えられなくなる状態です。自分の症状を理解し、一度立ち止まってじっくり考える機会をつくりましょう

③一人で決断しない

心理的視野狭窄のときは、誰かに相談しながら考えることが大切です。信頼できる主治医や家族の助けを借りてみてください。また、精神疾患を持つ方の転職をサポートする機関もありますので、利用してみるのも選択肢のひとつです。

④「障がい者雇用」で働くという選択

うつ病の方が転職する際には、「障がい者雇用」で働くという選択肢もあります。「精神障害者保健福祉手帳」を取得し、障がい者雇用として働く場所を探すことで、自分の状態に合った職場を見つけやすくなります。

参考になるホームページ「知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス」 

↑ 厚生労働省が精神障害者保健福祉手帳やうつ病支援について説明しています

⑤休職も視野に入れる

うつ病になったからといって、必ずしも今の仕事を辞めて他の仕事を探さなければならないというわけではありません。これまでの職場で培ってきたキャリアは、無駄にはなりません。転職ではなく休職という選択を取ることで、これまでのキャリアを守りつつ、職場復帰した際に馴染みのあるメンバーと馴染みのある仕事をすることができます

休職であれば、その期間中会社から給与がもらえたり、もしくは傷病手当金をもらえたりします。転職ではなく休職という選択をとれば、一定の収入を得ながら治療に専念することができるでしょう。

向いている職業・職種

梱包・タグ付けなどの軽作業

梱包やタグ付け、書類作成やデータ入力などといった軽作業は、仕事の負担が少なく、適度に同僚たちとの関わりも保ちながら安定して働くことができます。また、このような仕事を選ぶ場合、採用も決まりやすいため、転職への労力が少なく済みます。

在宅でできる仕事

在宅でできる仕事であれば、周りの人を気にすることなく、自分のペースで仕事をすることができます。Webデザイナーやライター、イラストレーターなどがありますが、現在ではそればかりではなく、かなり多くの仕事が在宅でできるようになってきています。職種にとらわれることなく、自分の適性に合った仕事が家でできるかもしれません。

うつ病でもドライバーに転職できるか?

運転席に座る犬

うつ病の方が、ドライバーに転職することはできるでしょうか?基本的にドライバーは長時間労働で、体力が求められます。また、交通事故を起こす可能性もあるので、運送会社に入る前は健康診断を実施することが義務付けられています。そのため、うつ病を隠して運送会社に入社することは難しいでしょう。さらに、精神疾患がある運転手に対し、安全運転に支障が出る場合、車の運転は法律で禁止されています。よって現在うつ病を発症している方がドライバーとして採用されるのは難しいというのが現状です。

しかしながら、うつ病の治療を終えた方がドライバーになることは可能です。ここでは、おすすめしない職種とおすすめの職種を紹介します。

おすすめしないのは「タクシードライバー」

タクシードライバーは長時間勤務を強いられるだけでなく、お客さんとの会話が必須です。なかには感じの悪い人や理不尽な要求をしてくるお客さんもいるでしょう。勤務時間中は周りの助けを借りることなく、そのようなお客さんに一人で対応しなければならないため、コミュニケーションを取るのが苦手な人には向いていないかもしれません。一方で、人と話しながら仕事がしたいと考えている人にはおすすめの職種とも言えます。

関連記事:タクシードライバーがきついと言われる理由

おすすめなのは「配達ドライバー」

例えば、トラックの配達ドライバーはいかがでしょうか?一言で配達ドライバーといっても、その働き方はさまざまです。近距離ドライバーや長距離ドライバー、大型トラック、小型トラックなどによって勤務時間が異なります。

配達ドライバーであれば、基本的に決められた地区を毎日同じ時間に配達しますので、生活は安定します。また、適度に人と関わりつつも、運転中はひとりですので、集中して黙々と仕事に取り組むことができます。休みも取りやすく、人間関係で悩むことが少ない、とてもおすすめの職場です。

以下の記事では食品のルート配送について、その仕事内容や良いところを紹介しているので、気になった人は合わせて読んでみてください。

関連記事:食品ルート配送とは

LAND:PILOTでは、普通免許からトラックドライバーへの転職を無料でサポートしています。

普通免許から大型トラックドライバーに

転職をサポートする仕組み

公共職業安定所(ハローワーク)

ハローワークには、数多くの求人があります。障がい者専用の窓口に相談すれば、専門の知識をもった担当者があなたの転職をサポートしてくれます。

「一般求人と障がい者求人、どちらの求人を探せばいいかわかならない…」という相談にも乗ってくれるため、一度地域のハローワークに相談してみてもいいかもしれません。

地域障害者職業センター

地域障害者職業センターは、障がい者の雇用に対して専門知識に基づいた援助、アドバイスをする機関です。全国に施設があり、就職のための講習や訓練を受けることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

うつ病中の転職は、なによりも焦らないことが重要です。周りの人の支えや自治体のサポートを受けながら、自分のペースで取り組んでいきましょう

普通免許から大型トラックドライバーに
LINEで相談する

関連記事

  1. 【白ナンバートラック】と緑ナンバートラックとの違いや取得までを紹介!

  2. 【食品ルート配送のネットスーパーサービスはきつい?】仕事・年収・必要な資格など解説!

  3. 【キャリアカー運転手はどんな仕事?】トレーラーなどの種類別の年収・給料なども解説!

  4. かっこいい運転手

    トラック運転手の彼と結婚したらどうなる?彼や両親とうまくやっていくために

  5. 【自動車学校・教習所(車校)の費用・値段の相場】学生料金や分割払い、合宿などで安く運転免許を取得しよう!

  6. 【タンクローリー】必要な資格や容量、構造から運転手の給料など一挙解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


簡単登録!
非公開求人を見る
↓登録はこちらから↓