【タクシー運転手はやめとけ?】隔日勤務とは?タクシー運転手の仕事内容やきついと言われる理由を解説!

タクシー

「タクシー運転手」と聞くとどんなイメージを持ちますか?「色々な道を通ることができて楽しそう」「たくさんの人とおしゃべりできそう」といった良いイメージがある一方で、「深夜でも働かなければいけないんじゃないの?」「めんどうなお客さんに対応するのが嫌だ…」といったマイナスイメージも多くありそうですね。

今回は、タクシー運転手の実態に迫りながら、タクシー運転手のきつさ、楽しさ、どんな人がタクシー運転手に向いているのかについて解説していきます!

タクシー運転手はどんな仕事?

タクシー運転手の仕事は「お客様を目的地まで安全に送ること」です。

駅の近くや繁華街などを走りながらお客を探すイメージが強いですが、それだけではなく、会社の無線指示を受けて迎車として業務を行うことも多いです。

一般的なタクシーだけでなく、乗合タクシー、介護タクシー、観光タクシーなど、さまざまな形でサービスを展開しています。

タクシー運転手になるのに必要な免許は?

タクシー運転手は、自家用車を運転するために必要となる普通自動車一種免許があればなれるわけではありません。タクシー運転手になるためには普通自動車二種免許が必要となります。

普通自動車二種免許とは、「乗客を乗せて運び、運賃を受け取る」場合に必要となる免許です。

以下の記事では普通二種免許の取得方法について解説していますので、タクシー運転手を検討している人はこちらも参照してみてください。

タクシー運転手はきつい?

タクシー運転手には、仕事がきついというイメージがありますね。では、どうしてそのように思われるのでしょうか。それには、主に3つの理由があります。

①勤務時間が長い

タクシー運転手がきついと言われるのには、第一に、勤務一回あたりの拘束時間が長いという理由があります。

タクシー運転手には、昼日勤夜日勤隔日勤務の3形態がありますが、なかでも隔日勤務の形態の場合、1日の労働時間が15時間~20時間にまでのぼります。もちろん勤務中に休みはありますし、隔日で出勤なのでまとまった休みが取れるのが特徴ですが、体力に自信がある人でないと厳しいかもしれません。

②給料が安定しない

タクシー運転手の給料はどれくらいなのでしょうか?

タクシー運転手の給料は歩合制のため、どれだけのお客さんをどれほどの距離運んだかによって変動します。多くのお客さんを乗せることができた月はその分給料も弾みますが、あまり乗せることができなかった月は、給料が低くなってしまいます。収入が安定しないということで、きついと感じてしまう人もいるかもしれません。

③さまざまなお客に対応しなければならない

タクシー運転手は、さまざまなお客さんを目的地まで運ばなければなりません。故に、さまざまな気遣いや配慮が必要です。

例えば、妊娠している人、子供、高齢者、怪我をしている人にはそれぞれに適した配慮が求められます。

また、時には酔っ払っているお客さんやクレームを言ってくるお客さんの相手をする必要もあります。気を遣うことも多く、精神的にきつくなってしまうこともあるかもしれません。

タクシー運転手のよさは?

これまで、タクシー運転手のきつさに焦点を当てて解説してきました。ここまで読んで、タクシー運転手になるのが嫌になってしまった人も多いのではないでしょうか。

しかし、そう思うのはまだ早いです。これから、タクシー運転手の良さに焦点を当てて解説していきます。

①意外と休みが多い

昼日勤の勤務時間は午前7時~午後4時、または午前8時~午後5時など、サラリーマンとそれほど変わりません。朝早く出勤し、夕方には退社して自分の時間を確保することができます。

夜日勤に関しても午後6時~午前2時、午後7時~午後3時といったように、拘束時間としては8時間です。夜に働くということで昼夜逆転は避けられませんが、休みは日中に確保することができるでしょう。

隔日勤務の場合、勤務時間の例は以下の通りです。

午前7時から午前3時 拘束時間:20時間 休憩:3時間

午後13時から午前9時 拘束時間:20時間 休憩:3時間

拘束時間としては長いですが、1ヶ月のうち出勤するのは11~13日程度です。

体力に自身があり、一回の休みを長くしたい人は隔日勤務が向いているかもしれません。

②やり方次第では稼げる

先程も述べた通り、タクシー運転手は歩合制のため、頑張りややり方次第では一般的なサラリーマン以上に稼げるチャンスがあります。人によっては、年収800万円にまでのぼる人もいます。

稼ぐためには「お客が乗っていない時間をいかにして減らすか」「お客を早く送り届けるためにはどのルートがいいか」というふうに考えることがたくさんあり、やりがいを見出すことも難しくないですね。

タクシー運転手に向いている人

タクシー運転手にはどのような人が向いているのでしょうか?

タクシー運転手に向いている人は以下の3つの特徴を持ち合わせていることが多いです。

①車の運転が好きな人

②人とコミュニケーションを取ることが好きな人

③気配りができる人

やはり、さまざまなお客さんを相手にすることが特徴なので、ただ単に車の運転が好きなだけでは難しいかもしれませんね。

「車の運転は好きだけど、人とコミュニケーションを取るのは苦手…」

「歩合制ではなく、安定した給料が欲しい…」

といった考えをお持ちの人は、タクシー運転手ではなくバスの運転手トラックドライバーが向いているかもしれません。

以下の記事ではバスの運転手について解説しています。

バス運転手も視野に入れている人は、ぜひ参照してみてください。

「一人で仕事をするほうが好きかも…」

という人はトラックドライバーも検討してみてはいかがですか?

LAND:PILOTなら免許費用、さらには転職サポートまでが無料でトラックドライバーになれます。

関連記事

  1. 【自動車学校・教習所(車校)の費用・値段の相場】学生料金や分割払い、合宿などで安く運転免許を取得しよう!

  2. 【ユニック車とはどういう意味?】クレーン・トラックとの違いや種類から免許・資格や獲得費用、仕事内容、年収まで解説!

  3. 【トラック運転手に多い病気・職業病】とその対策についても解説!腰痛・歯周病になりやすい?

  4. 【トラック運転手はやめとけ?】トラックドライバーに向いてる人の性格・特徴|楽しい・辞めて良かった・後悔の声も紹介!

  5. 【ダンプカーとは?】10t大型免許が必要?仕事内容や年収・給料など一挙解説!デカ箱ダンプ・三転ダンプ

  6. 【トラックの種類・車種】(最大積載量・形状・サイズ・寸法)を解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


簡単登録!
非公開求人を見る
↓登録はこちらから↓