軽トラは普通免許で運転できる?2023年おすすめの軽トラも紹介!

土手を走る軽トラック

ちょっとした荷物を運んだり、農家の人が野菜を搬送したり・・・さまざまな場面で活躍する「軽トラック」。今回はそんな軽トラックを運転するにはどんな免許が必要なのかについて解説していきます。

軽トラックとは

軽トラックは、コンパクトでありながら荷台に多くの荷物を積むことができる小型トラックで、主に「軽トラ」と略されます。軽自動車に区分されるので、税金、維持費、保険料は安く抑えることができるのがメリットです。また、小さい分燃費がよく、荷物の積み下ろしも他のトラックと比べて比較的容易です。

では、軽トラの一般的なサイズをご紹介します。

最大積載量350kg
車両総重量1,220kg
長さ(車体)3400mm
幅(車体)1480mm
高さ(車体)2000mm
幅(荷台)1410mm
長さ(荷台)2030mm

ちなみに、1tトラックの荷台の幅は1600mm、長さ2500mmですので、1tトラックのほうが軽トラより一回り大きいです。1tトラックは大きい分、税金、維持費、保険料が軽トラより高くなりますので、用途に合わせてトラックを選ぶことが重要です。

軽トラを運転するのに必要な免許

大きなトラックを運転するには中型免許や大型免許が必要になりますが、軽トラを運転するにはどんな免許が必要なのでしょうか。

軽トラは軽自動車に区分されますので、運転するのに必要な免許は「普通自動車免許」のみです。普通自動車免許を取得するには自動車教習所に通って講習を受ける必要があります。詳しい取得方法については以下の記事で解説していますので、合わせて参照してみてください。

関連記事:普通自動車免許を取得するには

ちなみに、小型特殊免許では軽トラを運転できませんので注意が必要です。

ATとMTどっちがいい?

軽トラにもAT車とMT車どちらも存在します。ですのでAT限定免許しか持っていなくても、AT車の軽トラであれば運転することができます

ただし、軽トラは重い荷物を載せながら整備されていない道を走る場面もあるでしょうから、その場合はギアチェンジのできるMT車がおすすめです。また、製造コストの安さや耐久性といった理由から、市場にはMT車の軽トラのほうが多く出回っているようです。最近はAT車の軽トラも増えつつあるようですが、MTの免許を持っていたほうが何かと便利なのは間違いありません。

参考記事:AT限定免許しか持っていない人がMT免許を取得する方法

軽トラの価格

軽トラは軽自動車ですので、比較的安い値段で手に入れることができます。機種、性能によっても異なりますが、新車でおよそ90万~140万円です。古いモデルの軽トラであれば、新車であっても60万円ほどで買うことができます。

中古にすれば、価格はさらに抑えられます。最も安いもので23万円程度、平均して60万円ほどで中古の軽トラをGETすることができます。

また、軽トラにかかる年間維持費は平均して10万円ほどです。一般的な軽自動車と大きな金額の差はありません。

2023年おすすめの軽トラック

ここでは、発売・新型発表が最近であるおすすめの軽トラックを紹介していきます。

①スズキ【キャリイ】

suzuki carry
出典:suzuki.co.jp

まずおすすめするのはスズキのキャリイです。2022年4月に一部仕様が変更され発売されています。軽トラックの中で最大の荷台フロア長を持ち、板材などの長いものも楽に載せることとができるのが特徴です。また、荷台が他と比べて低いので荷物の積み下ろしがしやすく、農家の方などにおすすめです。見積もり価格はおよそ843,890円~となっています。

②ダイハツ【ハイゼットトラック】

daihatsu hijet truck
出典:daihatsu.co.jp

次におすすめするのが2021年に販売が開始されたダイハツのハイゼットトラックです。こちらもスズキのキャリイ同様、荷台が幅広設計で、大量に荷物を積むことができます。サビの発生を抑える加工が施されており、融雪剤や塩害による被害を防ぐことができます。メーカー希望小売価格は902,000円~です。

③スバル【サンバートラック】

subaru samber truck
出典:subaru.jp

3つ目におすすめなのが2020年に改良車が発売されたスバルのサンバートラックです。おすすめポイントはなんといっても燃費の良さと静かな走行です。積載量に関しても申し分なく、とても性能の高い軽トラと言えます。メーカー希望小売価格は1,193,500円です。

もっと大きなトラックを運転するには

軽トラックでは運びきれないような大量な荷物を運ぶには、より大きなトラックが必要です。例えば、中型トラックや大型トラックがあります。これらのトラックを運転するには「中型免許」「大型免許」といった免許を取得する必要があります。以下の記事では中型免許、大型免許の取得方法を紹介していますので、気になった方は合わせてお読みください。

これらの免許を取得することができれば、より多くの荷物を運ぶだけでなく、トラックドライバーとして職を得ることもできるかもしれません。

関連記事①:4tトラックの中型免許はどう取得する?       

関連記事②:大型免許を取得するには?

まとめ

いかがでしたでしょうか?軽トラックの運転には普通自動車免許以外の特別な免許は必要ありません。軽トラは燃費がよく、小さいながら多くの荷物を運ぶことができます。用途に合わせて軽トラを選び、有効に活用してください。

求人例42万円
求人例52.6万円

関連記事

  1. トラック運転手(ドライバー)の休憩場所はどこ?車内を快適にする車中泊などの便利グッズを紹介!

  2. 【ユンボに必要な免許・資格は?】費用やバックホーとの違いも解説!

  3. 【費用が高い大型免許は補助金・助成金で安く取得しよう!】普通免許からの料金や合格率など疑問を解決!

  4. 【トラック運転手(ドライバー)へ転職して良かった?】すぐ辞めてよかった?未経験からでも失敗して後悔しないコツを紹介!

  5. 【免停(免許停止)】期間はいつから?免停講習や点数も解説!

  6. 【きつい?】バス運転手にはなるな?やめとけ?本当なのか深堀り解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


簡単登録!
非公開求人を見る
↓登録はこちらから↓