【ユニック車とはどういう意味?】クレーン・トラックとの違いや種類から免許・資格や獲得費用、仕事内容、年収まで解説!

仕事中や日常で目にすることがあるユニック車。

ユニック車と名前は聞いたことはあるが、具体的にはどのような車両なのか。

またクレーン車やレッカー車なども耳にするが、それらとはどのような点が違うのか、さらには必要な資格など疑問に思う方も多いかもしれません。

この記事では、ユニック車の活躍する場面や求められる資格、獲得までの費用など詳しく解説していきます。

そもそもユニック車って何?

ユニック車は、クレーンが付いたトラックのことを指します。呼ばれることの多いユニック車は正式名称ではなく、本当は搭載型トラッククレーンと言います。

ほかにもトラッククレーンと名を呼ばれることもありますが、実はユニック車とは別物です。行動などの道路を走る際に、運転席とクレーンの操縦席とが別で設置されているところです。

トラックにくっつけられたクレーンで重荷を積み、そのまま荷台に載せることでそのまま効率よく搬送可能となっています。


クレーン・レッカー車とはどう違うのか?

クレーンが備え付けられている車両などは、ユニック車だけではありません。他には、クレーン車やレッカー車などもクレーンが備わっています。

クレーンが備わっているという点は同じですが、これらの車両はどのような点が違うのでしょうか?ひとつずつ見ていきましょう。

クレーン車との違い

ユニック車は、クレーンを備え付けているトラックのことを指し、先ほども説明しましたが、トラックの運転するための席とクレーンの操縦用の席とが別になっており、重荷を積み、そのまま荷台に載せることでそのまま効率よく搬送可能となっています。

一方のクレーン車ですが、クレーン操縦席と運転席が同じになっており、ものを吊り上げてそのまま水平に移動させられます。貨物などをその場で移動させることはできても、別の現場など運搬することはできません。

レッカー車との違い

ユニック車は、重量物や建築資材などのものをクレーンで移動させ必要に応じて運搬します。

一方のレッカー車は、主にロードサービスなどの故障して動かなくなってしまった車の牽引でよく扱われます。

ユニック車とは扱うものが違うので、それに応じて使うクレーンも異なります。トンネルなどの良くない環境であっても真横に引っ張ることができます。

ユニック車の種類

ユニック車には、大きく分けて3種類あります。以下ひとつずつ見ていきましょう。

キャブバック型

キャブバック型とは、大型でクレーンの位置が荷台の外側となっており、一番ユニック車の中で普及しています。

荷台内架装型

荷台内架装型は、荷台の中にクレーンを入れることが可能となっており、一般的なユニック車と比べてサイズが小さいです。

ハイアウトリガー型

重機などの建築機械を運んだりとクレーンでの作業もこなせるタイプです。

重量物を扱っていると、バランスが取れずに重心が崩れてしまい不安定な状態で作業をすることがありますが、アウトリガーで車体を持ち上げながらバランスを保ち、安定したまま作業ができます。

ユニック車ができる作業

ユニック車は、様々な用途で使用されています。具体的にはどのような場面で活躍しているのでしょうか?

産機や材木の輸送

ユニック車は、基本的に工事や建築などで力を発揮しています。

産機などの重機や建築資材を中心として搬送を行っています。

瓦礫などの撤去

ユニック車は、災害などの発生時にも使われます。

荷台と備え付けられたクレーンによって、トラックや重機などと協力して瓦礫の撤去に一役買っています

例えば東日本大震災のときには、災害廃棄物(瓦礫)の撤去でも活躍しています。

引っ越し

ユニック車は、引っ越しの家具の搬入・搬出などの荷物運搬でも活躍しています。

クレーンによって荷物を移動できるので非常に効率的で、作業の時間や手間を省くことができます。

ユニック車運転手の仕事内容

仕事内容としては、その他の分野のトラックドライバーなどと大きな差はなく、クレーンで荷積み・荷下ろし・運搬がほとんどとなっています。

少ないですが、長距離の業務もありますが、ほとんどはその日のうちに帰宅できるので、ライフワークバランスがとりやすい傾向にあります。

ユニック車運転手はきつい?

クレーンを用いて重量物などの荷物を荷台から降ろしたりするので、身体的にはそれほどつらくはないと思われますが、実際にはドライバーが自分でフックをかけるために動くなど肉体労働は少なからずあります

建築現場などでは、周りが新築の建設物など傷つけてはいけないものばかりで、その環境でクレーンを操縦していると気を使い過ぎて神経を擦り減らします。とりわけ雨や風が強いといった日には、作業が非常に大変です。

ユニック車を扱うのに必要な免許・資格

ユニック車を運転するには、普通免許中型免許大型免許のどれかが必須となっています。

また、作業によって必要な免許・資格が変わってくるので、種類ごとに見ていきましょう。

作業場でのユニック車運転

作業場でユニック車に乗るためには、

小型移動式クレーン運転に関する特別講習小型移動式クレーン運転講習移動式クレーン運転士

などの講習を受講する、資格を獲得する必要があります。この3種類の違いですが、扱う荷物の重量に応じて求められるものが変わってきます。

重量が0.5t以下ならば、①の講習を受講すれば問題ありません。0.5~1tならば、②の講習を受ける必要があります。5t以上ならば、さらに③の移動式クレーン運転士の資格を獲得しなければなりません。

重機についてはこちらで詳しく解説しているので是非参考にしてみて下さい!

公道でのユニック車運転

公道でユニック車に乗り運転するには、普通免許・中型免許・大型免許などを獲得しなければなりません。

普通免許が必要になるのは、車両総重量が5t未満、最大積載量が3t未満の車両です。

中型免許が必要になるのは、車両総重量が5~11t、最大積載量が6.5t未満の車両です。

大型免許が必要になるのは、車両総重量が11t以上、最大積載量6.5t以上の車両です。

取得までにかかる費用

さて、いままで必要な資格などを解説してきましたが、費用はどれくらいとなっているのでしょうか?

普通免許は、教習所への通学の場合およそ30万円ほどかかります。

中型免許はおよそ20万円。大型免許は中型免許の所持でおよそ30万円、所持していないと約40万円ほどかかります。

クレーン運転士は、教習所でおよそ3万円ほどで講習を受けられます。

これらの料金は、あくまで目安であるので自分が利用する予定のところの料金を事前に確認しておきましょう。

LAND:PILOTなら大型免許を無料で獲得できる

ユニック車の免許持つ意義・メリット

ユニック車の免許を持っていることで得られるメリットを解説していきます。

できる仕事の種類が増える

ユニック車の免許を所持していると、それに応じてこなせる仕事の幅が広がります。

クレーンでの積み下ろしが唯一できるユニック車の活躍の場は多岐にわたるので、資格を持っていれば転職の際などには、内定率は持っていない人よりは高いでしょう。

給料が上がる

ユニック車は需要が高く、転職により給与が上がることもあります。

資格の獲得によってできる仕事の幅が広がり、個人で収益や仕事の効率を良くできるので、自営業では売上、会社員では資格手当により収入をアップさせることが可能になってきます。

終業時間が夕方であることが多い

ユニック車ドライバーは、自分の時間を確保しやすく、ライフワークバランスがとりやすいです。

ユニック車の仕事時間は、待機する時間が長かったり、夕方辺りには終業することはよくあることです。

それゆえ、自分の家族との時間などプライベートの時間を持ちやすくなっております。

未経験普通免許からの大型トラックドライバー転職サービス

「LAND:PILOT(ランドパイロット)」

大型取得サポートだけじゃない!あなたに最適な就職先を一緒に探します

  • 東証一部上場企業等 大手求人多数
  • チャーター便・幹線輸送便・地場ルート便など職種ラインナップ多数
  • 希望給与年間休日数勤務体系から条件にあった企業を探せる!

関連記事

  1. 【3tトラックは準中型免許が必要?】サイズ・寸法や普通免許でも運転できるのかなど徹底解説!

  2. 【軽貨物ドライバーはやってはいけない?】個人事業主・業務委託・正社員の手取り・任意保険は?きついが稼げない? 

  3. コンビニルート配送はバックレるほどきついのか?年収やメリットなどに合わせて体験談を元に解説!【セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン】

  4. 【大型免許を取得するには?】必要な資格や条件は?免許取得にかかる費用や時間、大型ドライバーの年収について一挙に解説!

  5. 【4tトラックの中型免許はどう取得する?】サイズ・寸法や費用、難易度も解説!

  6. トラック運転手(ドライバー)の休憩場所はどこ?車内を快適にする車中泊などの便利グッズを紹介!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


簡単登録!
非公開求人を見る
↓登録はこちらから↓