トラック運転手(ドライバー)の年収600万の難易度は?長距離・大型など車両種類別にランキング形式で解説!

トラックドライバーは、エッセンシャルワーカーで、我々が豊かな生活を維持するのに不可欠な存在です。

そんなトラックドライバーは、現在人材不足で需要が大きく、転職を考える人が増えてきています。

ですが、思い切って転職・就職出来たのにもかかわらず、収入が減ったり、満足のいく年収に届かなかったりということもあります。

トラック運転手と言ってもその種類は様々です。なので、今回はトラックドライバーの種類ごとの年収・給料から手当についてまで解説していきます!

トラック運転手の給料は車両が大きいほど高い

トラックドライバーの給料は、運ぶ荷物の量に比例します。

配送する荷物の量やサイズに応じて、扱うトラックのサイズも変わり、トラックのサイズが大きくなればなるほど給料がアップしていきます。

これはなぜかというと、トラックは大型になるほど免許の取得が難しいからというのが一点で、もうひとつは単純にトラックのサイズが大きいとたくさん荷物を運べるからです。

なので、高収入を目標とするのならば、大型トラックの免許を獲得することが一番の近道でしょう。

それではこれから、トラックのサイズを中心にその種類や配送距離ごとに年収・給料を見ていきましょう。

小型トラック運転手の給料・年収600万の難易度は?

小型トラックドライバーの年収の平均は、およそ300~550万円で、相場通り大型とラックドライバー・中型トラックドライバーよりは比較的年収が低くなってきます。

小型トラックドライバーは、主に小回りが利き、近くの住宅街などで活躍する2tトラックを用いて配送を行います。

主な仕事内容としては、大型トラックのように大きく大量の荷物を運ぶのではなく、短距離での仕事が多く、具体的にはコンビニルート配送や宅配業務などが挙げられます。

肉体的に他種より負担が軽くすることもできるので女性やシニアの方も活躍しやすいです。

中型・大型と比べると給料は高くはありませんが、長距離の仕事や仕事量がたくさんある場合には、年収600万円以上も理論上は可能です。

中型トラック運転手の給料・年収600万の難易度は?

中型トラックドライバーの年収の平均は、およそ400~600万円です。

中型トラックドライバーは、トラックの中でよく使われる4t車を用いて配送していきます。

仕事内容としては、主に中・長距離での配送が中心で、中型免許が必要となってきます。

大型の長距離と比較すると、中型トラックドライバーの勤務は、遠方まで荷物を配送するころはあまりなく、当日に終わることが多いです。

特にコンビニなどへのルート配送においては、あらかじめスケジュールが決まっているので、勤務時間が延びることはほぼないです。

また、中型トラックドライバーは、配送以外にも荷物の積み下ろしなどを行うので、ここでの段取りが良く効率的に作業ができると、その分給料に反映されていきます。

大型トラック運転手の給料・年収600万の難易度は?

大型トラックドライバーの年収は、他の種類のトラックドライバーより高くなっており、およそ400~700万円ほどとなっています。

大型トラックドライバーは、10tトラックを用いて配送を行います。

大型トラック運転手の仕事内容は、これまで説明してきた小型・中型トラックと大きな差はありませんが、トラックの扱いが難しくなっているところはポイントの一つです。

トラックは大きくなればなるほど、扱いには高度なドライビングテクニックや集中力・注意力が求められます。

内輪差やバック時の逆ハンドルと言った大型ならではの運転技術をマスターしなければなりません。

また、車両のサイズが大きいため、小さなミスから大事故につながりかねないので、集中力が必要です。

このように扱いが難しい一方でその分、高収入が狙いやすくなっています。さらには、ガソリンなどの燃料を運搬する際に必要な危険物取扱の資格や牽引免許なども持ち合わせていると一層の収入アップも見込めます。

長距離ドライバーの給料・年収600万の難易度は?

これまでは、扱うトラックの種類別に紹介していきましたが、トラックドライバーの年収は走行距離によっても変化していきます。長距離ドライバーになると年収も上がっていくのです。

そんな長距離トラック運転手の年収の平均は、およそ400~750万円ほどとなっております。

この年収の幅は、扱うトラックのサイズや走行距離などによって生じます。

会社や仕事内容によって配送距離は変動していきますが、数百キロから千キロほどトラックを運転することもあります。

運送会社別の年収ランキング

運送会社の年収ランキングはこちらで詳しく解説しているので是非参考にしてみて下さい!

運送業の種類別の平均年収

運送会社

運送業界と耳にしたとき、多くの人が思い浮かべるのは、この運送会社でしょう。

運送会社の業務内容としては、荷物を積んで、トラックを主に用いて、荷物を配送することです。

そんな運送会社の年収の平均はおよそ380万円ほどとなっております。これだけ見るとあまり高く感じないかもしれませんが、会社や仕事内容によって高くなったりしてきます。

物流会社

物流会社の年収の平均はおよそ390万円ほどです。

物流会社の業務内容としては、運送会社の仕事である配送のみならず、荷物の保管・荷役作業・流通加工・梱包作業もこなしていきます。

このように、運送会社と比べて行う業務が多いので、それに応じて収入も増えています。

宅配会社

宅配会社の年収の平均はおよそ370万円ほどとなっております。

宅配会社は、取り扱っている荷物がたいてい小さいので、運送会社などと比較すると収入面で劣ってしまっています。

作業は荷物の積み下ろしが多くなっているので、段取り良く効率的に仕事をこなせる方ならば、収入アップを目指せます。

引っ越し会社

引越し会社の年収の平均はおよそ375万円ほどとなっております。

引越しは、3~4月などの繁忙期や6, 11, 1月などの閑散期で仕事の量が増減することで、収入が毎月全く同じとはいきません。

引越し会社は、なんならアルバイトの方が多いのではないかと思う方ももいるかもしれません。確かにアルバイトも多いことは事実ですが、実際に運転など要所では正社員の方が活躍していることがほとんどです。

アルバイトに、お客様の家具など大切なものを全面的に信頼して任せるということは簡単ではありません。

「手当」について

給料を上げてくれる手当についても紹介していきたいと思います!

深夜手当

深夜手当は、労働基準法によると、22時~5時の間に行われた労働に対しては、通常時の25%増しの給料を支払わなくてはならないことになっています。

この労働基準法は、もちろんトラックドライバーのみならず、全労働者に当てはまります。

勤務体系には、大きく日中に勤務する日勤と夜に勤務する夜勤の2種類があります。

夜勤のメリットしてまず第一に挙げられるのは、深夜手当によって給料が稼ぎやすくなっています。

他のメリットとしては、深夜帯は走る車が少ないので渋滞に遭遇することがほぼないことや、さらには日中の時間をプライベートな時間に当てられることなどです。

例えば、基本的に深夜にはやっていない病院に行けたり、子供や配偶者など家族との時間もしっかり確保できます。

残業手当

トラックドライバーは、よく長時間労働に頭を抱えている方が多いと言われます。

厚労省によると大型トラックドライバーの年間労働時間は、全産業の平均と比較して多くなっている2500時間を超えるそうです。

トラックドライバーは、その業務の特徴から「みなし残業代制」を使用している企業が多くなっています。

みなし残業代制とは、一定時間の残業代の扱いに関しては、事前に決められた金額を給与の中に含めたり、残業代に相当する手当等を定額で支給したりする制度となっています。

しかも、残業手当も深夜手当のように通常時の25%増しの給料を支払わなくてはならないことになっています。

未経験普通免許からの大型トラックドライバー転職サービス

「LAND:PILOT(ランドパイロット)」

大型取得サポートだけじゃない!あなたに最適な就職先を一緒に探します

  • 東証一部上場企業等 大手求人多数
  • チャーター便・幹線輸送便・地場ルート便など職種ラインナップ多数
  • 希望給与年間休日数勤務体系から条件にあった企業を探せる!

関連記事

  1. 【クレーンオペレーター】はきついのでやめたい?仕事内容や必要な免許・資格、給料、向いてる人まで一挙解説!

  2. 【免停(免許停止)】期間はいつから?免停講習や点数も解説!

  3. 【2022年最新版】運送会社の年収ランキング | 入ってはいけない・大手・人気運送会社一覧

  4. トラック運転手はやめとけ?理由7選!辞めてよかったの声や年収も紹介!底辺ではありません

  5. 【軽トラ(軽トラック)】に乗って長距離走行するのは疲れる?シートの工夫など大変にならない対策を徹底解説!

  6. 【トラックの種類・車種】(最大積載量・形状・サイズ・寸法)を解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


簡単登録!
非公開求人を見る
↓登録はこちらから↓