トラック運転手の彼と結婚したらどうなる?彼や両親とうまくやっていくために

かっこいい運転手

以前、こちらの記事でトラック運転手の彼がかっこいい理由を紹介しましたね。

トラック運転手がかっこいいのはなぜ?

今回はさらに深掘りして、トラック運転手の彼と恋愛している、はたまた晴れて結ばれて結婚することになった彼女に向けた記事です。また、トラック運転手である彼氏もこの記事を読んで、彼女がどんなことを求めているのか、考える材料にしてみてください。

トラック運転手の彼のいいところ

まずはじめに、彼氏としてのトラック運転手のいいところを紹介します。

①トラック運転手は男らしくてかっこいい

トラック運転手と聞くと、「男らしい」というイメージはありませんか?事実、大きなトラックを運転し、ときに重い荷物をお客さんのもとまで届けるトラック運転手は、筋肉がついていてがっちりした体型の人が多いです。筋肉が好きな女性にとってはとても魅力的なお仕事ですね。

また、トラック運転手ですので車の運転がとても得意で、道にも詳しいでしょう。ドライブデートの際は、男らしくエスコートしてくれるのではないでしょうか。

②比較的若いうちから高収入

トラック運転手は、どれくらいお給料をもらっていると思いますか?

厚生労働省の賃金構造基本統計調査をもとに算出すると、実は20代のトラック運転手の平均年収は413万~420万円なのです。ちなみに、20代サラリーマンの平均年収はおよそ350万円程度ですので、トラック運転手は20代の時点でサラリーマンよりも60万円以上多く稼いでいることになります。

トラック運転手の業界は経験や勤続年数に関わらず、未経験や若いうちからでも稼げることが特徴です。ですので、20代、30代の彼であっても、比較的安定した収入を得られるのです。

トラック運転手の彼と付き合うのに不安なところ・・・

一方で、トラック運転手と付き合うには不安な面もいくつかあります。今回は2つの懸念点を紹介します。

①休日が不規則

トラック運転手の休日は不規則です。会社との契約によって働く曜日が決めれるので、土日が休みなわけではありません。また、突然仕事を依頼されて休みの日に働くということもときどきあります。

さらに、労働時間も9時~17時などと定められているわけではありません。朝早く配達しなければならない場合もありますし、夜通し運転するようなトラック運転手もいます。トラックの大きさや運送物の種類等によって勤務時間は異なりますので、彼の働く時間に合わせて予定を組む必要があるかもしれません。

②意外とインドアな人が多い?

「トラック運転手なんだから、運転が好きで休みの日もドライブして出掛けているんだろう」なんて考えは間違っているかもしれません。

トラックの運転や荷物の運搬は肉体労働なので、とても疲れます。また、現在トラックドライバーは慢性的な人手不足に陥っていますので、休みなく働いている人も多いのではないでしょうか。ですのでトラック運転手の多くは、「休みの日は家でゆっくりしたい」と思っているかもしれません。

せっかくの2人そろったお休みも、おうちデートになりそうです。インドアな彼女にとっては気が合うかもしれませんが、アウトドアな彼女にとっては少々辛いのでは?

結婚したい!…けど両親から反対されてしまう

結婚

ここまでは彼氏としてのトラック運転手について紹介してきました。ここからは、トラック運転手の彼との結婚について解説していきます。

「トラック運転手の彼と結婚したいけど、親に紹介したら反対された…」なんて人はいませんか?どうして、親にとってトラック運転手という職業は不安になってしまうのでしょうか。まずはその4つの理由を紹介します。

関連記事:「トラック運転手はやめとけ?底辺と言われる理由」

①トラック運転手は社会的身分が低い?

トラック運転手のネガティブなイメージとして「誰にでもできる仕事」というイメージがあります。もちろんトラック運転手には体力・持久力、コミュニケーション能力、人間性などの様々な能力が求められますが、トラック運転手の募集要項に学歴を求められることはまずありません。また、現在は慢性的な人手不足も相まって、就職しやすい状態にあるというのは事実です。そのため、「トラック運転手は誰でもなれる=社会的身分が低い」というイメージに結びついてしまうこともあるようです。

②給料が低い?

さきほども紹介したように、トラック運転手は比較的若いうちから稼げる職業です。しかし上記の「社会的身分が低いのではないか…」というイメージから「お給料もそんなにもらえないのではないか」と考えてしまう親もいるかもしれません。

また、給料の内訳を見ると、約半分が固定給、残り半分が時間外手当や歩合給といった変動する給料ですので、両親が不安になってしまうのもわからなくはありません。

③交通事故などのトラブルが心配

「軽自動車と大型トラックが衝突」「トラックが道路に横転」などといったニュースを見かけることはありますよね。トラックの運転には、交通事故の心配がつきものです。

こちらのグラフは全日本トラック協会が発表している「事業用トラックが第一当事者※となる死亡事故件数」のデータをもとに作成したグラフです。(※第一当事者=交通事故の当事者の中で、最も過失割合が重い人)

トラックの死亡事故件数のグラフ
全日本トラック協会「事業用トラックが第一当事者となる死亡事故件数」をもとに作成。

こちらのデータによると、毎年200件ほどの死亡事故がトラックによって起こっているようです。死亡事故でなくとも、毎日運転をするとなるとやはり、事故の加害者や被害者になってしまうのではないかという不安がつきまといますね。

④いつか職がなくなってしまう?

「10年後、AIによって奪われる職業」に世間の注目が集まるように、昨今では技術の進歩によりさまざまな職がAIに取って代わられてしまうのではないかという心配があります。トラック運転手もその一つで、現在では「自動運転」や「無人配達」という言葉をよく耳にしますね。

両親はいつか職が失くなってしまうかもしれない将来を心配して、結婚に反対するかもしれません。

関連記事:自動運転は実現するのか?

トラック運転手と結婚したらどうなるのか

ここからは、トラック運転手と結婚したら実際にどのようなことが起こるのか、良い面悪い面どちらも含めて解説していきます。

①昇給がない

トラック運転手が若いうちから稼げる仕事であることは解説しましたね。年齢や経験による給料の差がないことはメリットと言えますが、その反面、勤続年数が長くても給料が上がらないという特徴があります。一般的なサラリーマンであれば年功序列賃金により、年齢とともに給料があがりますが、トラック運転手にはそれがないのでデメリットとも言えるかもしれません。

②職種・職場によっては高給料

トラック運転手は、職種・職場によっては高給料を目指せます。特に、大型トラックの運転手となると平均年収450万円と他の中型トラックなどに比べて高いです。また、長距離ドライバーともなると年収は600万円~700万円にまで到達します。

関連記事:トラック運転手の年収600万円、難易度は?

また、牽引免許やフォークリフトの資格など、トラック運転手としての幅が広がる免許を取得し、給料UPを狙いましょう。

関連記事:フォークリフト資格取得の流れ・運転のコツ

③リストラがない

トラック運転手の働く運送業界は、現在人手不足です。また、EC市場の拡大により、その需要は高まる一方です。よってどの運送会社も働き手を募集しており、就職しやすく、リストラの心配もほぼありません。

④飲み会が少ない

トラック運転手はそのお仕事柄、お酒を飲むことが少ないです。また、体力を使う仕事であるため、仕事が終わったらすぐに帰宅する人が多い傾向にあります。

⑤家のことはやらなければいけない?

トラック運転手の勤務時間は長く、働く時間帯も通常とは少し異なります。朝の配達を担当している場合には、朝早く家を出ることになりますし、夜の長距離ドライバーなどは夕方頃家を出ることになります。また、肉体労働で体の疲労も溜まりやすいため、家にいる間は休んでいるかもしれません。そうなると、家のことは奥さんに任せられることになってしまいます・・・

⑥労働時間が不定期で家族との時間が取りづらい

子供が生まれた場合、夫にも子育でに参加してほしいものです。しかし、仕事により生活リズムが不規則になるゆえ、トラック運転手の彼はなかなか子育てに参加してくれないかもという不安があります。

⑦セックスレスになる

ここまで述べてきたように、トラック運転手の仕事はとてもハードで、休みも不規則です。ですので、なかなか奥さんと優雅な時間を過ごすことは難しいかもしれません。実際にトラック運転手の彼と結婚してセックスレスに悩んでいるという話も少なくありません。

⑧ギャンブルにハマる?

トラック運転手のなかには、ギャンブルを趣味としている人もいます。日々の仕事のストレスを発散するために、パチンコやパチスロに通ったり、馬券を買ったりすることが多いです。せっかくの休日もパチンコに費やしてしまっては、家族との時間がなくなってしまいます。

⑨定年後も働ける

トラック運転手は、比較的上の年齢の人でも挑戦できる仕事です。さまざまな年代の人が活躍している仕事ですので、60歳を超えても職を失うことなく、安定して給料を得ることができます。

⑩浮気の心配がない

結婚後、どうしても浮気の心配はつきものですよね。トラック運転手にどんな出会いがあるのか、どんな人が多いのか、知らないと不安になってしまいます。

ですが基本的にトラック運転手の浮気率は低いと言っても問題ないでしょう。トラック運転手の女性率が低いこと、新しい人と関わる機会が少ないことを理由として、トラック運転手に出会いの場は少ないと言えます。ですので、トラック運転手に浮気の心配はいりません。

トラック運転手の離婚率

割れるハート

トラック運転手の離婚率は、他の職業と比較して少しだけ高い傾向にあります。

厚生労働省の「平成27年 人口動態職業・産業別統計の概況」によると、トラック運転手を含む輸送・機械運転職に従事する成人男性193万人のうち、離婚数は1.4万人であり、ここから離婚率は7.1と算出できます。

全体の離婚率は4.2ですので、若干、運転手の離婚率は高いようです。

トラック運転手の彼とうまくやっていくために

結婚指輪

最後にトラック運転手の彼と結婚したいあなたに向けて、うまくやっていく秘訣をご紹介します。

①彼の仕事を理解する

トラック運転手に限らず、結婚後も彼とうまくやっていくためには、お互いの仕事を理解することが大切です。勤務時間や彼の仕事への姿勢をしっかり話し合った上で理解しましょう。また、彼の仕事を理解するだけでなく、自分の考え方を彼に伝える努力をしましょう。「彼は働いてくれているから私は我慢しなきゃ…」と考えるのではなく、ひとりの人間として家族のことや仕事のことをどう考えているのか、相互理解を図ることが必要です。

また。お互いの両親にも仕事を理解してもらいましょう。トラック運転手にはネガティブなイメージもありますが、実際はそうではありません。日本の物流を支える立派な仕事であり、彼がその仕事に責任を持って取り組んでいるということをしっかり伝えましょう。

②一人の時間も大切にする

トラック運転手の彼は、休みが不定期で生活リズムも不規則です。ですので、彼にばかり合わせて生活すると疲れてしまいますし、彼がいない時間には孤独感を感じてしまいます。一人で過ごす時間も多くなりますので、自分の趣味を見つけたり、出掛けたりして、一人の時間を楽しみましょう

③労働条件の整った会社に就職する

順風満帆な結婚生活を送るには、職場の労働環境も大切です。勤務時間が一定で、残業が少ない運送会社に就職することで、彼のストレスを軽減することができます。彼がいきいきと、楽しく働くことができれば、二人の時間も楽しくなるでしょう。

LAND:PILOTではホワイトな運送業界への転職をサポートしていますので、気になった人は以下クリックしてみてください。

LINEで相談する

まとめ

いかがでしたか?

トラック運転手という仕事は日本の物流を支える素敵な仕事ですが、一方で体力の必要な大変な仕事でもあります。彼の仕事を理解し、ひとりの人間として相互理解を図ることが必要です。そうすれば素敵な夫婦生活を営むことができるでしょう。

関連記事

  1. フォークリフト

    フォークリフト免許取得は難しい?取得の流れと運転のコツを紹介

  2. 【ダンプカーとは?】10t大型免許が必要?仕事内容や年収・給料など一挙解説!デカ箱ダンプ・三転ダンプ

  3. 【クレーンオペレーター】はきついのでやめたい?仕事内容や必要な免許・資格、給料、向いてる人まで一挙解説!

  4. 【大型免許を取得するには?】必要な資格や条件は?免許取得にかかる費用や時間、大型ドライバーの年収について一挙に解説!

  5. 【キャリアカーの運転にはどんな免許・資格が必要?】小型のローダーやトレーラーなどの種類から取り方まで一挙解説!

  6. 【トラックなど車両の横乗りとは?】バイトや女性でも活躍できる!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


簡単登録!
非公開求人を見る
↓登録はこちらから↓